TEL 03-3562-0362

タキシードの歴史、起源と時代に合わせた変遷を深堀り

Facebook
Twitter
タキシードは、1865年に流行の先駆者である当時のウェールズ公エドワード7世王子が生みの親です。これは、よりフォーマルなテールコートの代替として導入されました。

タキシードの歴史

パーティーの定番メンズドレス、タキシード。その起源と時代に合わせた変遷を深堀りします。

タキシードは、1865年に流行の先駆者であるエドワード7世王子のおかげで登場しました。これは、よりフォーマルなテールコートの代替として導入されました。

タキシードは、1865年に流行の先駆者である当時のウェールズ公エドワード7世王子が生みの親です。これは、よりフォーマルなテールコートの代替として導入されました。

現在もサヴィル・ロウにある有名な仕立て屋ヘンリー・プール&Co.は、王子に合わせて、ラウンジスーツよりもフォーマルなアンサンブルを提供し、しかしテールコートの特徴を備えないものを制作しました(これは王子が食事室や非公式な場で着用できるものでした)。王子はこれを青い色で発注し、マッチングのズボンとともに「ディナージャケット」と呼ばれるようになり、その後、タキシードとして広まっていきました。

当時、ジャケットは通常、黒で、ショールカラーであり、白のアクセサリーが添えられていました。

20世紀初頭には、タキシードはアメリカ中に広まりました。

ディナージャケットは1886年にアメリカにもたらされたと言われています。そのきっかけは、百万長者のジェームズ・ブラウン・ポッターとその妻コラによるもので、彼らはイギリスへの旅行中にウェールズ公に紹介され知りました。

王子はポッターをその新しい人気ジャケットを仕立てるため仕立て屋に送り込み、後にポッターはそれを着てニューヨークのタキシードパークのあるプライベートカントリークラブの秋の舞踏会に参加しました。そこで、このスーツにアメリカの名前がつけられました。それが国中に広まった経緯については、他の多くのテーラード用語起源説と同じく、諸説あります。

20世紀初頭までには、ディナージャケットは人気を博し、フォーマルな場でも受け入れられるようになりました。黒いアクセサリーとピークドラペルも一般的なものとなりました。

第一次世界大戦中の人気の低迷の後、1930年代にはフォーマルな服装への再興が見られました。

1930年代には、黒のタキシードが大復活し、戦前とほとんど変わらないままでした。これは事実上のイブニングウェアとなり、ホワイトタイは特別なイベントにとどまるようになりました。

ミッドナイトブルータキシードが大流行し、1935年には黒いタキシードウールよりも青いタキシードウールを生産するミルが増えました。

ダブルブレストのタキシードジャケットのバリエーションは、以前はあまりフォーマルではないと考えられていましたが、この時期に爆発的な人気を博しました。温暖な気候や季節には、白いタキシードジャケット(黒いズボンと対照的)が受け入れられる代替手段となりました。

1940年代タキシードはスーツに置き換えられます。

第二次世界大戦はアメリカにフォーマルでない服装をもたらしました。タキシードは稀な存在となり、通常ではなく例外的に着用されるようになりました。夜に外出する際、男性はタキシードではなくスーツを着るようになりました。

ホワイトタイ(当時はフルドレスとして知られていました)はこの時期から本当に回復することはありませんでした。

スペースエイジ*に、タキシードに新しい生地やスタイルが導入されます。

1950年代になると、タキシードが復活しました。いくつかの変更が加えられ、より「スペースエイジ」の素材(ポリエステルなど)が使われ、シャツの模様やデザインが複雑化し(初めてのフリルを含む)、ジャケットはより短く、よりフィットしたものになりました。

ホワイトタイは廃れ、ブラックタイが映画のプレミア、上流社会のイベント、そして結婚式などで新しい標準となりました。

ジョン・F・ケネディはホワイトタイを着用して大統領就任の舞踏会に出席した最後の大統領であり、それ以降、ロナルド・レーガンが80年代に一時的にその伝統を復活させるまで、ホワイトタイはほとんど見られなくなりました。

この時期にはブラックタイのカラフルなバリエーションも登場し始めましたが、それはむしろ例外であり、ルールではありませんでした。

1970年代になると、すべてのフォーマルウェアが変わります。

1970年代になると、ディスコの影響を受けてタキシードは完全にリメイクされました。若い革命的な世代は、タキシードの保守的なスタイリングを見てほとんどすべてを取り払い、曖昧なシルエットだけを残しました。

大きくふわりとしたボウタイ、カラフルな模様のジャケット、フリルやレースのついたシャツ、ベルボトムに似たズボンが一般的になりました。1970年代の典型的なタキシードには、これらの要素が少なくとも2つ、あるいはすべて含まれているといっても過言ではありません。

1980年代になると、幸いにもクラシックなスタイリングへの回帰が見られ、タキシードはより保守的な外見に戻りました。

21世紀、フォーマルとカジュアルなスタイルの境界が曖昧に

2000年代後半になると、ドレスコードが希釈され、誤解される中で、フォーマルウェアはさらなる大きな変化の波に晒されます。

ビジネスカジュアルが職場の主流のドレスコードとなり、光沢のある黒いスーツと合わせたネクタイが従来のブラックタイにほぼ取って代わりつつありました。この時代には、カラフルなドレスシャツもトレンドになり始めました。

従来のブラックタイを着続けた人々は、ジェネレーションYが好むカジュアルな美学に合わせるためにできるだけシンプルにしました。

2020年代、タキシード黄金時代

今日、ますます多くの若い男性が1930年代や1940年代のブラックタイのスタイルを取り入れています。ミッドナイトブルータキシードも復活しています。

この流れは「Mad Men」のようなアメリカ映画のいわば時代劇を見る世代が、洗練された過去の服にノスタルジーを感じることが一因であると考えられています。

また、昔と違いスーツをオーダーしやすい価格のショップが増えていることも、フォーマルウェアの復活の別の理由だとされています。男性が適切なサイズのタキシードを見つけるのはかつてなく容易になっています。

あなたもヴェスタで、着心地よくスタイル美しいタキシードをオーダーしてください!

ご来店ご予約はこちらから

こちらからお願いします。

https://vestayoyaku.youcanbook.me/

お電話:03−3562−0326

あなたの晴れの日を彩る、とっておきのタキシードやフォーマルスーツ。ヴェスタがお望みの姿を一緒に作り上げます。手縫い仕上げと上質素材のテーラリングで、着心地良く、スタイリッシュにお召しください。

パスワード保護されている限定記事をお読みになるには、メールニュース登録をお願いいたします。

夏スマートカジュアルの基本、パンツ選びのポイント How to select trousers suitable for summer business attire

夏のビジネススタイルに最適なズボンを選ぶ際には、快適さとプロフェッショナリズムを優先事項に選ぶことが大切です。そのために、生地、フィット感、色、スタイルなどの要素を考慮すると、気持ちよくお仕事に向かえると思います。

Read More »

ゼニアのクールエフェクトで仕立てるヴェスタスーツ VESTA Suits Tailored with Zegna’s Cool Effect Fabric

クールエフェクトという、特に暑い気候で快適に過ごせるように設計された技術的な生地についてお話しします。2008年にこの画期的な新素材が発表された時、ヴェスタGM北川はゼニアジャパン本社で実際に表面温度を測るガン型の温度計を渡され、温度が低い様子を目の当たりにして驚いたのを昨日のことのように思い出します。

Read More »

「タック」について考える Redefining pleated trousers

ここ数年でタックの入った腰回りにゆとりがあるスタイルが復活しています。テーラードアイテムへの回帰がファッション界で顕著ですが、タック入りパンツも一つのノスタルジックな品ある着こなしへの回帰と言えると思います。

Read More »

最も涼しく、最も軽い。ゼニアのモヘアスーツ Most breezing, refreshing suits material: Zegna’s Mohair

軽い・柔らかい、これこそが最大の魅力です。夏にこれを着る紳士が「やめられない!」というほど、軽量、しならかで快適に仕上げてあるのがゼニアモヘアの特徴。さらにヴェスタのテーラリングは、天然高級資材100%の本バス(馬の尻尾の毛)を利用した毛芯仕立てですので、素材の持ち味を生かした美しいシルエットを構築するだけでなく、しっかりと型崩れせず長持ちするスーツに仕立てあがります。

Read More »
北川 美雪

北川 美雪

Leave a Replay

Newsletter メールニュース登録

Please make sure your email adress is correct! メールアドレス誤記載の場合は届きませんのでご注意ください!

メニューを閉じる
×
×

カート

ご来店ご予約
Make an appointment

ヴェスタで格好良くパフォーマンス上がる
スーツをオーダー