TEL 03-3562-0362

「タック」について考える Redefining pleated trousers

Facebook
Twitter
ここ数年でタックの入った腰回りにゆとりがあるスタイルが復活しています。テーラードアイテムへの回帰がファッション界で顕著ですが、タック入りパンツも一つのノスタルジックな品ある着こなしへの回帰と言えると思います。

English follows after Japanese.

「タックを3カ国語で言ってみる」Instagramはこちらから

イタリア語ではPince(ピンス)、語源はフランス語動詞Pincer「つまむ」から由来します。

パンツのタックとは

紳士服における「タック」は、パンツのベルト下にある縫い付けられた折り目のことです。2本タックもあれば、1タックもあり、また外向きのものはアウトタック、内向きのものはインタックと呼ばれます。タックのないパンツを日本ではノータックと呼びます。

タックは好みで決められますが、数や向きによって印象が変わります。またタックが入っているパンツの方が腰回りにゆとりが生まれるので、一般的に快適な履き心地を感じる方が多いです。

タック:スタイルと柔らかさ

タックは特に紳士用パンツでよく使用されており、衣類に柔らかく快適なフィット感を与えます。タック付きのパンツに関するもう1つの興味深い点は、エレガントな印象を生み出すディテールというところです。特にインタックは、ゆったりしたボトムラインを演出し、クラッシックかつ洗練されたスタイルを身に着けたように見えます。サスペンダーを付けるスタイリングを好む紳士には、タックを1本または2本付けることをお勧めします。

タック付きパンツの復活

現代の男性用パンツスタイルは、まっすぐなラインと比較的スリムなフィット感に慣れていました。がしかし、ここ数年でタックの入った腰回りにゆとりがあるスタイルが復活しています。これまでのタイトなボトムから、より個性がありながら品の良いルックスのタック入りパンツを選ぶ紳士が増えています。近年、テーラードアイテムへの回帰がファッション界で顕著ですが、タック入りパンツも一つのノスタルジックな品ある着こなしへの回帰と言えると思います。

手縫いで仕立てられていたパンツは元々、実用的であるタックとポケットが備えられていました。その後の流行でノータックのスリムラインパンツがメジャーになりましたが、伝統的なテーラードスタイルを好む紳士は常にタック入りパンツを選んで来たと言えます。

タックのあるなし

実は、タックのないパンツは、20世紀半ばまで男性の服装に登場しませんでした。ノータックパンツは、スリムな体型に適しており、よりカジュアルなルックスに見えるスタイリングでした。

ノータックのスリムラインに見慣れた紳士は、より柔らかくゆとりのあるタック入りスタイルに慣れることがも難しいと思われるかもしれませんが、実のところタック入りパンツは、オフィスやフォーマルな場に着用するエレガントな服の中で、男性のワードローブに欠かせないものです。オフィスワークやフォーマルなテーブルでは、腰掛けている時間も長く、タックが入っていることで断然快適な着用感を実感していただけるはずです。

また、スーツに限らず、タック入りパンツはコーディネートの楽しみ方にも一役買います。

たとえば、重いウールのセーターとハイネックの組み合わせで、それらを週末にプライベートタイムで着用するパンツとなります。例えば、日曜日のランチやちょっとしたお出かけに最適なスタイリングです。

次のオーダーでは、ぜひタック入りのパンツを楽しんでくださいね!

ご来店ご予約はこちらから

オンラインご予約サイトが便利です。

https://vestayoyaku.youcanbook.me/

お電話:03−3562−0326

ご不明な点はいつでもお電話や、VESTA公式Line, Instagram, FacebookのDMでご相談ください。

画像をタップでYoutube動画へ

WHAT IS THE PLEATS FOR TROUSERS

The pleats on trousers is a fold, made with an internal seam, used to shape a piece of clothing. Pleats can be either double, for a more refined look, or single, providing the right amount of room for unparalleled comfort.

PLEATS: STYLE AND SOFTNESS

Pleats are commonly used in men’s trousers because they give the garment a soft and comfortable fit. The folds ensure a bit of extra fabric at the top of the pants, providing a sense of comfort. Another interesting aspect of trousers with pleats is that they possess a bold and elegant character. Those who wear them seem to immediately acquire a refined and timeless style.

THE RETURN OF TROUSERS WITH TROUSERS

Contemporary men’s trouser styles have accustomed us to straight lines and fairly slim fits. However, pleats are making a comeback, with men themselves choosing and requesting them because they add that extra touch of personality to every outfit. It’s a return to the past; trousers originally had pincers and pockets for practicality in manual labor. Only later were they adopted by more elegant environments, and it’s there that our collective imagination goes whenever we see a classy man dressed in trousers with pleats.

TROUSERS WITH OR WITHOUT PLEATS

Trousers without pleats didn’t enter the male wardrobe until the mid-20th century. They are suitable for slender and proportionate figures and certainly have a more casual and versatile character. It might seem more challenging than expected to get used to a softer style now, but the truth is that trousers with pleats are indispensable in every man’s wardrobe, among the elegant garments to wear to the office and for formal occasions. However, these models leave room for fun in choosing outfits; paired, for example, with a heavy wool sweater with a high collar, they can be transformed into leisure pants for a Sunday lunch in the countryside or a stroll with friends.

For your next order, we hope you enjoy trousers with pleats!

Make an tailoring appointment

For in-store reservations, you can use the online reservation site here or contact us at 03-3562-0326. Feel free to reach out with any inquiries through VESTA’s official Line, Instagram, Facebook DMs, or by phone.

パスワード保護されている限定記事をお読みになるには、メールニュース登録をお願いいたします。

夏スマートカジュアルの基本、パンツ選びのポイント How to select trousers suitable for summer business attire

夏のビジネススタイルに最適なズボンを選ぶ際には、快適さとプロフェッショナリズムを優先事項に選ぶことが大切です。そのために、生地、フィット感、色、スタイルなどの要素を考慮すると、気持ちよくお仕事に向かえると思います。

Read More »

ゼニアのクールエフェクトで仕立てるヴェスタスーツ VESTA Suits Tailored with Zegna’s Cool Effect Fabric

クールエフェクトという、特に暑い気候で快適に過ごせるように設計された技術的な生地についてお話しします。2008年にこの画期的な新素材が発表された時、ヴェスタGM北川はゼニアジャパン本社で実際に表面温度を測るガン型の温度計を渡され、温度が低い様子を目の当たりにして驚いたのを昨日のことのように思い出します。

Read More »

「タック」について考える Redefining pleated trousers

ここ数年でタックの入った腰回りにゆとりがあるスタイルが復活しています。テーラードアイテムへの回帰がファッション界で顕著ですが、タック入りパンツも一つのノスタルジックな品ある着こなしへの回帰と言えると思います。

Read More »

最も涼しく、最も軽い。ゼニアのモヘアスーツ Most breezing, refreshing suits material: Zegna’s Mohair

軽い・柔らかい、これこそが最大の魅力です。夏にこれを着る紳士が「やめられない!」というほど、軽量、しならかで快適に仕上げてあるのがゼニアモヘアの特徴。さらにヴェスタのテーラリングは、天然高級資材100%の本バス(馬の尻尾の毛)を利用した毛芯仕立てですので、素材の持ち味を生かした美しいシルエットを構築するだけでなく、しっかりと型崩れせず長持ちするスーツに仕立てあがります。

Read More »
北川 美雪

北川 美雪

Leave a Replay

Newsletter メールニュース登録

Please make sure your email adress is correct! メールアドレス誤記載の場合は届きませんのでご注意ください!

メニューを閉じる
×
×

カート

ご来店ご予約
Make an appointment

ヴェスタで格好良くパフォーマンス上がる
スーツをオーダー