TEL 03-3562-0362

大谷翔平選手BBWAAアワードMVPおめでとうございます!

Facebook
Twitter
大谷選手のタキシードは、角度により濃紺に見えるベースでラペルには正式なタキシードであるシルクを拝した、お洒落で品のあるものでした。 アスリートの鍛え抜かれた肉体、そしてハンサムなお顔立ちと合わせ、プレゼンターのDusty Baker氏も「罪な男」とご指摘の通り、ファッションモデル顔負けの着こなしで野球でもファッションでも最高のパフォーマンス。

数百年に一度のタレントは、ファッションでも!

メジャーリーグでも二刀流を貫き、その抜きん出た才能と努力をアメリカでも高く評価される大谷翔平選手。

日本人としては非常に誇らしく、偉業に敬服するばかりです!!

ファッションに携わる者としても、大谷選手が着こなすとどのスーツも素敵に見えて、眩い存在感に見惚れてしまいます。

タキシードもシャツもダーク系でスタイリッシュに

大谷選手のタキシードは、角度により濃紺に見えるベースでラペルには正式なタキシードであるシルクを拝した、お洒落で品のあるものでした。

アスリートの鍛え抜かれた肉体、そしてハンサムなお顔立ちと合わせ、プレゼンターのDusty Baker氏も「罪な男」とご指摘の通り、ファッションモデル顔負けの着こなしで野球でもファッションでも最高のパフォーマンス。

今回はこのニューヨークで行われた受賞式の様子をチェック

大谷選手だけでなく、メジャーリーガー本気のタキシード姿、圧巻です。

画像をクリックでYoutube動画へ

タキシードのプロトコル

動画内では、蝶ネクタイのバランスや、立場に応じたフォーマルスーツの選び方にも触れています。

ちょっと抜粋しますと・・・。

タキシードは黒または濃紺がデフォルト

上のYoutube動画でもわかるように、皆様ブラック、またはミッドナイトブルーと呼ばれる黒に近い紺をベースとしたタキシードをお召しです。どちらの場合も、ラペルに使うシルクは黒がスタンダードです。

主役なら思い切ったステートメントスーツもあり

昨年の受賞者Michael Harris II氏の白ジャケットがあまりに素敵で思わず取り上げましたが、こうしたユニークなフォーマルも、拝絹・即章らしきプロトコルを踏襲し仕立ての良いセットアップで着こなすと、品があり自分らしさを余すことなく語るステートメントスーツになります。

シャツの選び方

カラー

動画でもお分かりの通り、通常のえりのドレスシャツでタキシードとコーデしているパターンが多数。蝶ネクタイとセットでよく選ばれるのはウィングカラーシャツですが、ワイドカラーやホリゾンタルカラーでも蝶ネクタイOKです。

カフス

カフスはダブルカフがほとんどのように見えました。カフリンクスでもお洒落をお楽しみください。

ボタン

タキシードならではのオニキススタッズタイプが多く見られます。もちろん、比翼と言ってボタンが隠れるタイプの前立てにしたり、通常の白ボタンも大丈夫です。

胸プリーツ

以前はタキシードといえば胸にひだが入ったタイプが正統派とされていましたが、動画でも確認できるように胸プリーツ無しの紳士が大半です。

ノーマルネクタイでタキシードもOK

また、タキシードとはいえ、通常のネクタイと合わせるコーデも多数見受けられます。通常のドレスシャツに、ネクタイでタキシードを着るコーデが浸透しています。

蝶ネクタイの選び方

ラペル幅が細いとモードっぽく若々しい印象に。太いと堂々とし貫禄ある印象になります。蝶ネクタイに限らず、ネクタイの選び方はラペル幅と連動させるとVゾーンのバランスがスッキリします。

アメリカパーティ文化パワーに圧倒される

この受賞者の着こなしを通して、カジュアル大国アメリカとはいえ、いざ気合の入った晴の舞台ではバシッと決める、メジャーリーガーの着こなしに痺れました。

ぜひ、動画で全編ご覧ください!

ヴェスタのフォーマルはこちら

ご来店ご予約はこちらから

こちらからお願いします。

https://vestayoyaku.youcanbook.me/

お電話:03−3562−0326

あなたの晴れの日を彩る、とっておきのタキシードやフォーマルスーツ。ヴェスタがお望みの姿を一緒に作り上げます。手縫い仕上げと上質素材のテーラリングで、着心地良く、スタイリッシュにお召しください。

パスワード保護されている限定記事をお読みになるには、メールニュース登録をお願いいたします。

夏スマートカジュアルの基本、パンツ選びのポイント How to select trousers suitable for summer business attire

夏のビジネススタイルに最適なズボンを選ぶ際には、快適さとプロフェッショナリズムを優先事項に選ぶことが大切です。そのために、生地、フィット感、色、スタイルなどの要素を考慮すると、気持ちよくお仕事に向かえると思います。

Read More »

ゼニアのクールエフェクトで仕立てるヴェスタスーツ VESTA Suits Tailored with Zegna’s Cool Effect Fabric

クールエフェクトという、特に暑い気候で快適に過ごせるように設計された技術的な生地についてお話しします。2008年にこの画期的な新素材が発表された時、ヴェスタGM北川はゼニアジャパン本社で実際に表面温度を測るガン型の温度計を渡され、温度が低い様子を目の当たりにして驚いたのを昨日のことのように思い出します。

Read More »

「タック」について考える Redefining pleated trousers

ここ数年でタックの入った腰回りにゆとりがあるスタイルが復活しています。テーラードアイテムへの回帰がファッション界で顕著ですが、タック入りパンツも一つのノスタルジックな品ある着こなしへの回帰と言えると思います。

Read More »

最も涼しく、最も軽い。ゼニアのモヘアスーツ Most breezing, refreshing suits material: Zegna’s Mohair

軽い・柔らかい、これこそが最大の魅力です。夏にこれを着る紳士が「やめられない!」というほど、軽量、しならかで快適に仕上げてあるのがゼニアモヘアの特徴。さらにヴェスタのテーラリングは、天然高級資材100%の本バス(馬の尻尾の毛)を利用した毛芯仕立てですので、素材の持ち味を生かした美しいシルエットを構築するだけでなく、しっかりと型崩れせず長持ちするスーツに仕立てあがります。

Read More »
北川 美雪

北川 美雪

Leave a Replay

Newsletter メールニュース登録

Please make sure your email adress is correct! メールアドレス誤記載の場合は届きませんのでご注意ください!

メニューを閉じる
×
×

カート

ご来店ご予約
Make an appointment

ヴェスタで格好良くパフォーマンス上がる
スーツをオーダー