TEL 03-3562-0362

価値あるスーツの見分け方

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
世界のスタンダードを知るからできる:技術革新や価格設定、上質素材の買い付けに真価を発揮

何か購入する際は、インターネット検索から入るのが当たり前の世の中。

デジタルマーケティングの世界では検索にかかりやすいよう様々な工夫が日々されていますが、その行き過ぎにより「消費者にとって価値あるものから」かけ離れた「マーケティングテクニックに優れたもの」ばかりにスポットライトが当たるようになっていることを痛切に感じます。

スーツの世界も同じです。

せっかく手にする上質スーツなら「これはすごい」と言うものにたどり着いてほしい。

そんな思いでこのコラムを始めたいと思います。

高ければ良いと言うわけではない、これは皆様ご存知と思います。

安くても良いものがある

例えば、ヴェスタをご利用のお客様がたびたび口にされる表現のひとつが「ヴェスタは安い」と言うお話し。あれ、安かろう悪かろうじゃないの?と思いますよね。

スーツは約10万円〜ですので(詳しくはPriceページをご参照ください)価格だけを見るとそうは感じないかもしれません。

ヴェスタは資材やデザインから全てオリジナルなので単純比較はできませんが*世界のスーツマーケットのスタンダードと比べても約半額と言った感覚だと思います。

*オーダースーツに精通した方ならご存知と思いますが、日本国内どのオーダーショップに行かれても、9割がたのショップはシステム化された日本国内数社の縫製工場により製造されています。その縫製工場の資材を使用し、その縫製工場の型紙で仕上がります。ヴェスタはイタリア人マエストロによる型紙、資材もイタリアに特注している点でまず一線を画します。ヴェスタの縫製詳細はこちらのページにも記載しています。

この価格を実現できる理由は、何より長年の信頼とネットワークです。ヴェスタは東京の銀座に一店舗のみのショップですが、業界ネットワークと顧客は世界に広がっています。

世界のスタンダードを知るからできる:技術革新や価格設定、上質素材の買い付けに真価を発揮するヴェスタ

何かひとつの要因だけが突出してこのヴェスタの特殊なスーツ作りができるわけではありません。

これら全て社員一丸となって研ぎ澄ませた結果、お客様に真に価値あるお洋服をお届けできる要因となっています。

品質的に競合となるイタリアの高級スーツブランドですと、日本での価格帯は20万円台後半から、上を見ればキリがないですが60万円と言ったところ。これがヴェスタでは日本人の手による丁寧な縫製で約10万円から20万円です。

伝統の手縫いと技術革新の融合

ヴェスタの縫製様式、これも他で類を見ない形式です。メンズファッション界の最先端であるイタリアの型紙や素材を、技術の緻密さと丁寧さでは世界でも随一と認められる日本の職人が、手縫い工程を経て仕上げるスーツ。

手縫い仕上げに関しては、ヴェスタのSNS等で日々発信していますので、ぜひご覧ください。

スーツをよく知る人ほど、「この値段でこのスーツができるの?」と驚くヴェスタのスーツ。

この理由のひとつを、お洒落道場さんが取材してくださいました。

ヴェスタ北川、言いたいことがありすぎて喋り過ぎ感溢れてすみません。・・・いつものことですが!

今日は縫製様式についてざっくりと説明しました。またスーツのディテールや素材についても、お話ししていきたいと思います。

パスワード保護されている限定記事をお読みになるには、メールニュース登録をお願いいたします。

インバネスコート

インバネスコートは、悪天候にも対応できるよう生まれた、肩周りにケープが着いたコートです。シャーロック・ホームズのコートとして最も有名です。

Read More »
北川美雪

北川美雪

Leave a Replay

About VESTA

着心地よくスタイリッシュなVESTAスーツ。テイラリング技術と、黄金律パターンで、あなたの魅力を引き立てる紳士服を仕立てます。

Recent Posts

Follow Us

Latest Video

Newsletter メールニュース登録

Please make sure your email adress is correct! メールアドレス誤記載の場合は届きませんのでご注意ください!

メニューを閉じる
×
×

カート