TEL 03-3562-0362

スーツの正統を語るスリーピースの会

Facebook
Twitter
スリーピースといえば、スーツの王道にして最高位。フォーマルでも多様される正統派中の正統ですから、男たるもの一着は持っていたいものです そもそもスーツは貴族の執務着で云々、という今更かもしれないので割愛。ジャケット、パンツとベストを揃えてVESTAさんにやってきました。
スリーピース

6月4日はスリーピースの会でした。

スリーピースといえば、スーツの王道にして最高位。フォーマルでも多様される正統派中の正統ですから、男たるもの一着は持っていたいものです

そもそもスーツは貴族の執務着で云々、という今更かもしれないので割愛。ジャケット、パンツとベストを揃えてVESTAさんにやってきました。

こちらはお馴染みのT様。襟付きベストを合わせるグレーのスリーピースは、ほんのり光沢感ある生地で、式典にも着られそうなほどエレガント。今日はネクタイもグレー×ブラックのストライプで、フォーマル気分を醸されています。

よく話題になるのですが、スリーピースのベストのボタンは、大抵の場合、一番下が留まらないように出来ています。知らずにボタンを留めると、裾が詰まったへんてこなシルエットになってしまうのでご注意ください。ちなみに、上ボタンが留まらないタイプのスリーピースもありますよ。

T様、いつもはApple Watchなのですが、この日は懐中時計をされていました。それというのもスリーピースのせい。ベストのボタンホールの並びに、縦のホールが空いていることをご存知でしょうか。ここは懐中時計のチェーン(アルバートチェーンといいます)を通す専用の穴なんです。

いまでは形骸化して、このホールを空けないベストのスリーピースも少なくないのですが、クラシックを知るテーラーなら、きちんとボタンホールを空けてくれるんですね。もちろんこのスリーピース、VESTAさんで仕立てたものですよ。

ちなみに、T様のアイコンといえば、このお洒落な靴下。お茶目な靴下に凝るのはカナダのトルドー首相かT様かと言われるぐらいですので、この日も謎柄の靴下をお召になられていました。

仲睦まじく、お二人でお越しいただいたF様ご夫妻。「スリーピースじゃなくてごめんなさい」とF様。いやいや、これも立派なスリーピースですよ。

「スリーピーススーツ」といえばジャケット、パンツ、ベストが共地ですが、ジャケット、パンツ、ベストの3アイテムを着ている時点で、スリーピースと言っていいのです。

テーラード原理主義みたいな硬いこといわず、光GENJIみたいなGジャン、ジーンズのデニムシャツでもスリーピースの会は大歓迎です。

ウィンドウペーンのスーツに、グレーのオッドベストを合わせていらっしゃいました。スーツはドーメルのサマーアマデウス。シルク×ウールのエレガントな雰囲気が漂います。

Vゾーンの合わせ方も素敵ですね。ギンガムチェックのシャツに爽やかなブルーのタイ。これならベストはライトグレーで、合わせたほうがVゾーンんい清涼感が増すというものです。

ちなみにこの日、F様はVESTAで仕立てたサマーカシミヤのジャケットを引き取られていかれました。いやぁ、このカシミヤ生地、ヘリンボーン織りになっていてじつに美しい。肩をマニカカミーチャに仕立てたことで、生地のやわらかさがよ~く伝わってきます。

VESTAのイベントは、WEB参加も可能です。秋田から、S様にご参加いただきました。カノニコのポーラーを使ったダブルペーンのスリーピースは、いかにも重厚感たっぷりですが、御覧くださいこのペイズリータイを。いやぁ貫禄ありまくりです。

S様、ご職業は先生とのこと。こんな迫力のスリーピースで教壇に立たれたら、居眠りなんて出来ませんね、と話したら「授業中はチョークの粉で汚れたりするので、こんな上等なスーツは着ていきません!」とのこと。なるほど(笑)。

入卒式や終業式に始業式など、先生ってスーツを着る機会、結構あって、しかも式典出席が毎シーズン、毎年ですからね。良いスーツは必需品ですね。私の高校の校長先生も、スーツが大好きで、私がファッションエディターなんて仕事をしてることを知っていて、ときどき相談されることもありました。

スリーピースの会は、スタッフもMさんも参加して、VESTA店内で楽しく談笑。バルバレスコのワインをいただきながら途中、私が「スリーピースをカジュアルに着る10の方法」をレクチャーさせていただきました。みなさんスーツ大好きなので、普段、あまり深く離せないすスーツオタクな洋服談義に花が咲きました。

その後は銀座のイタリアンレストンへレッツゴー!

レストランからご参加いただいたI様は、つい先日、VESTAでケープをお仕立てになられたばかり。ゼニアのトロフェオカシミアが織りなす、美しいドレープはお見事! いかにも上質なことが伝わってきますね。

以前は省エネとか言ってましたが、最近では熱中症対策のほうが大事とのことで冷房が利きすぎた店内もよくあります。そんなときに、ふわりと纏えばとっても優雅な気分ですよね。

さて、最後にお料理の写真をご紹介しようと思ったら、私またやってしまいました…。はい、メインのローストポークを撮り忘れました。途中、T様から「写真、撮り忘れてない?」と注意いただいたいも関わらず、メインを落とすとは…。

普段、料理の写真を撮る習慣がないのと、寺門ジモンさんが「料理の写真撮ってる間に冷めちまうだろ! 熱いうちに食え!」という言葉を信じて、という言い訳をさせていただいて、今回の結びの言葉とさせていただければ。

次回こそ!

パスワード保護されている限定記事をお読みになるには、メールニュース登録をお願いいたします。

ラペルで揺れる幸運を呼ぶ天然ジュエリー

コルネットはナポリで魔除けのシンボルで、幸運を呼ぶラッキーチャームとして語り継がれるお守り。珊瑚は海の恵みであり、身につけることでそのミネラルが人体に良い影響を与えると信じられています。

Read More »

ご結婚式やパーティーで!フロックコートスーツ

フロックコートとは18世紀、19世紀末~20世紀初頭に着用されていたコートで、後に昼の正礼装です。品格があり新郎様に人気があります。ヴェスタでは、結婚式等でお召しになられた後、丈を短くし、普段のジャケットのようにし立て直すことが可能です。

Read More »

大谷翔平選手BBWAAアワードMVPおめでとうございます!

大谷選手のタキシードは、角度により濃紺に見えるベースでラペルには正式なタキシードであるシルクを拝した、お洒落で品のあるものでした。

アスリートの鍛え抜かれた肉体、そしてハンサムなお顔立ちと合わせ、プレゼンターのDusty Baker氏も「罪な男」とご指摘の通り、ファッションモデル顔負けの着こなしで野球でもファッションでも最高のパフォーマンス。

Read More »

ヴェスタ店名の由来

ヴェスティビリタという、そのほかの言語ではなかなか一単語で言い表せない、しかも洋服の見た目ファッション要素だけでなく、構築や作りの部分から着る人のQOLを上げようとする用語が存在するイタリア。イタリアらしい「着心地の良さ」日本の丁寧な縫製技術で叶えるのが、ヴェスタのスーツです。

Read More »

ヴェスタ20周年クリスマスライブ&ディナー-ファッションチェック-2

M様は世界を股にかける金融マン。世界中どこでも通用する最上級の装いとえいば、襟付きベストのスリーピース。インターナショナルなビジネスパーソンらしいですね。
出張が多いお仕事柄、ゼニアのトラベラーのスリーピースをお召しでした。この素材は2本の糸を強く撚り合わせた「ダブルツイスト糸」を採用。シワや摩耗につよく、回復力にも優れるため、アイロン不要で一晩吊るしておくだけでも翌日にはシワがとれるというものです。

Read More »
IkedaYasuyuki

IkedaYasuyuki

Leave a Replay

About VESTA

着心地よくスタイリッシュなVESTAスーツ。テイラリング技術と、黄金律パターンで、あなたの魅力を引き立てる紳士服を仕立てます。

Recent Posts

Follow Us

Latest Video

Newsletter メールニュース登録

Please make sure your email adress is correct! メールアドレス誤記載の場合は届きませんのでご注意ください!

メニューを閉じる
×
×

カート